骨が減るメカニズムの解説

ホーム>骨が減るメカニズム

骨が減るメカニズム

骨が減るメカニズム

骨は破壊と新生を繰り返すリモデリングという新陳代謝によって絶えず新しく生まれ変わり、このサイクルの繰り返しで強くしなやかな骨が保たれているのです。

  • 破骨細胞による骨吸収
    古くなった骨を溶かしカルシウムを血中に放出します。
  • 骨芽細胞による骨形成
    壊された骨を修復し新しい骨を作ります。

p1[1]

骨は、骨芽細胞によって骨形成されると同時に破骨細胞によって骨吸収され、常に新しく作り直されるという新陳代謝(リモデリング)を繰り返しています。
通常は骨吸収と新たな骨形成のバランスが保たれていますが、これが崩れて骨吸収が上回った状態が続くと、骨量が減少してしまいます。
その結果、骨がもろくなり容易に骨折するような状態になるのが、骨粗鬆症なのです。

骨粗鬆症 サプリメント 骨にいいサプリメント
ダブル特許(物質特許製法特許)を取得したサプリメントです。


スポンサード リンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional