どんな病気?の解説

ホーム>どんな病気?

どんな病気?

どんな病気?

この病気は骨に含まれるカルシウムなどが減り、骨が弱くなり折れやすくなるというものです。
日本では、おおよそ1,000万人の患者さんがいるといわれており、高齢者人口の増加に伴ってその数は増える傾向にあります。

骨の構造から見ると、皮質骨よりも海綿骨で骨の量の減少が明らかです。
海綿骨の量が減ると、複雑にからみあったジャングルジムのような網目構造がくずれて、あちこちでジャングルジムの「棒」(骨梁:こつりょうといいます)がなくなっていくので、骨が弱くなるのです。

骨粗鬆症が問題になる理由

  • 背中や腰が痛む、背中や腰が曲がってくる、身長が縮んでくるなどの症状があります。
  • 初期には目立った症状がないので気づかずに骨折したり、周囲の人から指摘されてはじめて気づく場合が少なくありません。
  • 重症になると、咳やくしゃみの衝撃でも背骨を骨折することがあります。また、背中や腰の痛み、太ももの付け根の骨折などにより、寝たきりになることもあります。
  • 背中や腰が曲がると、内臓を圧迫するので息苦しくなったり、胸焼けがすることもあります。

骨 サプリメント
ダブル特許(物質特許製法特許)を取得したサプリメントです。


スポンサード リンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional